アウトドア女子の日記

スノボ、登山、シュノーケリング、ドライブなどアウトドア好き女子のお出掛けとギアの日記です

山コン@高尾山(街コン)に参加してきたから感想を書くよ

待ちに待った3連休ですね!

こんにちは、あさかです!

Twitterでも呟きましたが、先日、山コン(街コン)@高尾山に参加してきたので、今日はそのレポートをしようと思います。

山コンって?

街コンの山バージョンです。(そのまんま)

今は街コンって色々あるんですね!

友人に紹介されるまま検索してみたのですが、「動物園コン」とか「座禅コン」とか「散歩コン」とか「カレーコン」とか、本当にバラエティ豊か!

恵比寿好き集まれ〜♪とかで美味しくもないお店で作り笑いをして過ごすよりは、動物園でゾウとかキリンとか見ながらお話しする方が私は楽しそうです。

私は今は婚活や彼氏探しの熱意があまりないのですが、一度参加したら?と誘われて軽い気持ちで参加してみました。

イベントについて

今回は街コンジャパンという街コンポータルサイトに掲載されていたベストパートナー主催の「高尾山トレッキングコン」に参加してきました。

参加費は男性5,000円、女性3,000円です。

女性の方には「婚活フリーパス」というお得なチケットもあるようなので調べてみてください。

当日レポート

集合

当日は12時過ぎに高尾山駅前に集合となっていましたが、12時を過ぎているというのに高尾山駅はこの人混み!ぎゃあ!

雲ひとつないいい天気の日だったので、みんなもっと早くに登ったほうが気持ちいいだろうになあ、と私は思いましたよ。

f:id:yokoo-asaka:20181124204134j:plain

さて、駅前の集合場所に向かうとスタッフさんらしき人。

身分証明書(免許証)を提示して受付を済ませたら、おもむろにコアラのマーチを渡されました(!)

どうやら全員にお菓子が配布されているようですw

受付を済ませると少し離れた鳥居の下に誘導されました。

こちらで出発時間まで待機です。

f:id:yokoo-asaka:20181124204310j:plain

余談になりますが、高尾山のトイレってどこもめちゃめちゃ混みますよね!

そんなとき、この鳥居のそばの駐車場のトイレが超オススメです!

全く混んでないしきれいです!

出発

さて、別のソロで参加した女性の方とお喋りしているうちに出発時間になりました。

この日は定員の男性15名、女性15名が集まったそうで、まずは男女それぞれ1列に並びます。

今日はこの隊列を維持したまま、5分毎にペアを交代しつつ、山頂までぞろぞろ歩いていくようです。

危険な箇所はないけど、混雑しているからはぐれないように注意を受けました。

混雑のため、休憩も取らないそうです。

なるほど、なるほど。

では隣の男性と挨拶を交わして出発!

トークタイムスタート

出発したらいきなりトークタイムです。

5分のカウントダウンは始まっているのだから頑張らないと!

あ、でも一人目の男性は「寝起きの出川哲朗」みたいな、この日の参加者の中でも割と残念系のルックスの男性だったので、ウォーミングアップのつもりで話せました。

しかしこの日は本当に人がすごい!

お天気や紅葉は文句なしなんですが、人出がすごすぎて途中でおばちゃんに割り込まれたりするので、列から離れないように歩くのが大変でした。

f:id:yokoo-asaka:20181124194448j:plain

山頂までは90分ほどなんですが、その間喋りっぱなしなので、体力面でも意外と大変でした。

筋力的には平気ですが、肺活量がね・・・。

夏場の山コンは汗をかいてヘビーだろうなと思いました。

  

さて、5分は割とすぐに経ちまして、隊列が止まります。

男性列の先頭の方が一番後ろに移動し、他の男性は一歩前へ。

ほうほう、こうしてペアを交代していくんですね。

途中に割り込んでいたおばちゃんはなんだなんだと訝しがりながら我々を置いて行きます。

隊列が止まる度に謎の集団を晒して恥ずかしかったです。

f:id:yokoo-asaka:20181124201747j:plain
そんなこんなで山頂まで全員と一気にお話ししたのですが、正直、誰が誰だかは全く覚えていません

普通の街コンではプロフィールカードのようなものを交換して話すので名前や年齢はその時点でわかるそうなのですが、山コンではそのようなものは一切なく、ペア交代の度に口頭で名乗り合ってからトークをします。

f:id:yokoo-asaka:20181124201959j:plain

私が意外だったのは登山が趣味の人が少なかったことです。

ひとりだけ槍ヶ岳や穂高に行った話をした男性がいましたが後は全然でしたね。

女性陣も普段から登山をしている人は2〜3人いるかな、くらいだったと思います。

代わりにマラソンやテニスやバドミントンなどのスポーツが趣味だと言っている人が多かったです。

次は旅行やカメラやドライブなどのアウトドア系の趣味の方でした。

映画鑑賞とかインドアな趣味の方はおひとりくらいしかいませんでしたね。

山コンの特徴なのかもしれません。

なので、普段山に行く人は服装に気をつけて行ったほうがよいと思います。

カジュアルダウンしていかないとひとりだけ浮いてしまいそうです。

私もパンツをジーパンに、ザックを街用のリュックにチェンジして参加したのですが、それでもガチ勢扱いでした。

あ、戦略として山ルックをしていくならいいと思いますけどね!

山頂到着!解散!

ギリギリ全員とお話ししたところで山頂に到着!

f:id:yokoo-asaka:20181124202724j:plain

この山コンは山頂で解散になる街コンです。

5分間の時間を与えられて、下山をどうするか相談するようにスタッフさんに言われました。

気になる人と一緒に下山するよう促されているわけですね。

私は男性3人、女性3人で稲荷山コースで下山することにしました。

スタッフさんはこの日、ナイトハイキングの山コンがあるとのことで、5分の猶予の後に速攻下山していきましたw

我々もLINEを交換したり、トイレ休憩、写真撮影などの後、下山します。

本当はきのこ汁とか温かいものをいただきたかったのですが、とにかく混雑がすご過ぎて断念。。

トイレも大行列でした。

下山

山頂解散のいいところは下山がフリータイムになるところですね。

私は気になる人がいなかったので適当なグループに混ぜてもらったのですが、このグループの女性が偶然同じ会社にいたことのある方だったので、色々話せて楽しい下山になりました。

男性より女性と仲良くなっちゃうパターンですね。

f:id:yokoo-asaka:20181124205749j:plain

この日、ケーブルカーやリフトは70分待ちの大行列だったようですが、稲荷山コースは混雑もなく、下山中に日没して真っ暗にはなりましたが、iPhoneで足元を照らしながら無事に下山しました。(本当はもっと早く下山した方がいいです)

下山メンバーで軽くお茶でもしようという話になりましたがちゃんとした席のあるお店はどこも外まで行列ができていて、結局お菓子屋さんの外席で軽くお茶してから帰りました。

f:id:yokoo-asaka:20181124203345j:plain

混雑は凄かったですが、お天気と紅葉に恵まれて、楽しい山行になりました。

終わりに

残念ながら私は気になる男性に出会えませんでしたが、稲荷山コースをグループで下山してくるのは楽しかったので、たまにはこういう山行もよかったです。

ちゃんと出会いを求めている方は婚活フリーパスなんてお得なチケットもあるようなので探してみてください。

本当に色んな街コンがあって楽しそうですよw 

 

さて、私はこれで今シーズン山仕舞いです。

しばらく山に行けないのは残念ですが、やっとかぐらもオープンしたそうだし、気持ちを切り替えてスノボを楽しみます!

では!